ホワイピュアにはアスコルビン酸という有効成分が含まれています。

アスコルビン酸とはビタミンCのことなのですが、ではこのアスコルビン酸はどんな成分なのでしょうか?

そして、美白・シミに効果のあるホワイピュアでどんな働きをしているかについて書きたいと思います。

ホワイピュアの口コミ・評判はこちら

 

ホワイピュアのアスコルビン酸とは?美白・シミへの効果は?

アスコルビン酸とは?

アスコルビン酸とはビタミンCの化学名です。

今では健康や美肌に良い成分として知られていますが、もともとは壊血病(かいけつびょう)を予防する物質として発見された歴史があります。

 

人間(他、類人猿やモルモット)は体内でビタミンCを作り出すことができないため、食事やサプリで摂取しなければなりません。

ビタミンCは1日100~200mgが必要とされていますが、必要量には個人差があります。また、治療では1,000~3,000mg必要とすることが普通です。

アスコルビン酸(ビタミンC)の効能・効果

野菜や果物

アスコルビン酸を摂取すると、体内で以下の様な働きをします。

 

  1. 抗酸化作用により過剰生産された活性酸素をガードする
  2. コラーゲン生成をサポートする
  3. シミ、ニキビ、アトピー、しわ・たるみ、毛穴トラブル改善などの美肌効果
  4. 粘膜を正常に保ち、免疫力を向上する
  5. 抗ストレス
  6. がん予防
  7. カルニチンの合成をサポートし、慢性疲労、肥満、高脂血症を予防
  8. 鉄の吸収を促進する

 

上記で挙げた以外にもビタミンCは様々な働きをします。

 

それから、

  • たくさんの場所で必要とされている
  • 体内に貯金することができない水溶性

であるため、一時的にたくさん摂るよりも毎日継続して摂ることが大事です。

アスコルビン酸(ビタミンC)が美白・シミに効果があるのはなぜか

アスコルビン酸の効能でも書いた通り、アスコルビン酸はシミ改善にいい成分です。

 

そもそも、シミは皮膚内で過剰に生み出されたメラニン色素が蓄積し、皮膚に茶色く残ってしまうことでできます。

メラニン色素は、紫外線を浴びたり、生理前や妊娠・出産で黄体ホルモンが増加したりすることで生成されます。
他には皮膚を触ったりこすったりすることで肌に刺激になり、メラニン色素を作るメラノサイトが活性化してしまうこともあります。

顔のシミに悩む女性

なので、シミを予防するにはメラニン色素を作らせないようにすればいいのですが、アスコルビン酸はメラノサイトにメラニン色素を作るように指示を出すチロシナーゼ酵素の働きをブロックします。

 

それから、

アスコルビン酸の凄いところはメラニンを抑制するだけでなく、すでにできているシミのケアにもアプローチしてくれる点です!

アスコルビン酸(ビタミンC)と一緒に摂ると効果的な成分

アスコルビン酸と一緒に摂ると、より高い効果が期待できる成分にL-システインがあります。

L-システインもメラニンの抑制をしてくれる成分で、お肌の新陳代謝を促すことでシミの予防や緩和に働きかけます。

そのため多くの美白医薬品にはL-システインとアスコルビン酸は一緒に含まれています。

 

ホワイピュアは数ある美白医薬品の中でも倍以上のビタミンCが入っており、より高い効果が期待できると言えるでしょう。

ホワイピュアの口コミ・評判。体の内側から美白ケアする医薬品!

 

【あわせて読みたい】