だんだん日照時間が長くなってくる春。まだ日差しが弱く、紫外線量も少ないように感じますが、そんなことはありません。

春は紫外線量が急激に増加する時期で、特に5月は8月と同じくらいの紫外線が降り注ぎます。

そして、春の紫外線は冬の紫外線と同じくお肌の老化に影響するため、夏の紫外線とは違った意味で注意が必要です。

 

春も紫外線対策を万全に!

春の紫外線は肌の老化に影響する

紫外線には下記の種類があります。

紫外線の種類

  1. 紫外線A派(UVA)
    • 肌の奥深くまで到達する
    • オゾン層、雲、窓ガラスを通り抜けやすい性質
    • コラーゲンやエラスチンを破壊し、シミ、しわ、たるみなど肌老化の原因になる
  2. 紫外線B波(UVB)
    • 肌表面に影響する
    • 日焼け、肌が赤くなる、水膨れ、皮膚ガン、シミなどの原因になる
  3. 紫外線C派(UVC)
    • オゾン層に阻まれるため地上には届かない

 

このうち気にした方が良いのは地上に届くUVAとUVBですが、春の紫外線はUVAが多いことが特徴です。

紫外線と肌の断面図

春に注意したいUVAは、夏に多いUVBと違って日焼けなどすぐに見た目の変化がないため、紫外線が少ないと油断してしまいがちです。しかし、実はしっかり紫外線A派(UVA)を浴びています。

UVAは浴びてすぐに変化が分かるものではなく、5年後10年後にシミやしわ、たるみとなってお肌に表れてくるいや~な紫外線です。

春の紫外線量は8月と同程度のこともある

また、春は降り注ぐ紫外線量が多いことも油断しない方がいい理由の1つです。

 

つくばの2016年の日最大UVインデックス

画像出典:気象庁 日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ

※●は観測値、細実線は1990年から2016年までの累年平均値

 

上記の図を見て頂くと分かる通り、3月から急激に紫外線量が増えています。特に5月は8月と同程度の紫外線量が観測されることも。

また、春の紫外線は「中程度~非常に強い」(図の黄色やオレンジの部分)ことも分かりますね。

 

これを見ると、

  • 春の紫外線は弱い
  • 春の紫外線量は少ない

なんて大間違い。

 

春の紫外線は8月と同じくらい油断できないし、老化の原因になるUVAが多いと季節。春に油断していると数年後急に老化が進んで、シミ・しわ・たるみなどの悩まされてしまう原因になってしまいます。

また、UVAは雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質があるため、天気が悪い時も、家にいる時も要注意です。外出しない時もしっかり紫外線対策はしておきましょう。

春の紫外線対策はUVAを意識することがポイント

春の紫外線対策は、

  • 日傘
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止めクリーム

など、夏にやる対策と同じです。

 

スキンケアをする女性

 

ただ、日焼け止めクリームがUVAに対応しているかどうかだけは気を付けてください。

日焼け止めクリームの表示の意味

  • SPF・・・UVBを防御する
  • PA・・・UVAを防御する

 

UVBを防御する、SPF数値しか記されていない日焼け止めクリームを使っていては、春に多いUVAを防止することはできず、春の紫外線対策としてはズレています。必ずPA値も記されている日焼け止めクリームを使う様にしましょう。

 

私のお気に入りはロベクチンプレミアムUVディフェンスという超低刺激&高保湿の日焼け止めクリーム

どれくらい低刺激なのかというと「抗癌剤治療や放射線療法などの酷い肌荒れトラブルに悩むガン患者の方でも使える」くらい。「SPF50+ / PA+++」を日常使いできるので、本当に助かっています!

 

また、とても高保湿なので保湿クリームを塗ったようにお肌がモチモチ(しかもベタつかない!)。

家の中で日焼け止めを塗っていてもストレスがないので、毎日スキンケアのあとに積極的に塗るようになりました。日焼け止めクリームにストレスを感じている方にもおすすめです。

口コミ記事もあるので詳しく知りたい方は読んでみてください。

春の紫外線対策だけでなく一年を通してUVA対策におすすめの日焼け止めクリーム「ロベクチンプレミアムUVディフェンス」の口コミを読んでみる

 

紫外線UV-AとUV-B

老化の8割は紫外線が原因と言われています。

「光老化」という言葉を聞いたことはありませんか?

光老化とは、日光を長期間、無防備に浴び続けることで皮膚が老化することを言います。

シミ・しわ・たるみは加齢でできると思われがちですが、実は2割程度しか影響がありません。それほどに紫外線がお肌に与える影響は大きいのです。

 

「春の紫外線は弱い」「春は紫外線量が少ない」といった誤った認識を持たず、早いうちから、できれば年中しっかり紫外線対策をするようにしましょう。

 

▼すでにできてしまったシミに悩んでいる方は下記の記事もおすすめです▼