もうすぐ長い冬が明けてぽかぽか陽気の春。日照時間も長くなってきて、外に出る機会も増えますね。ですがシミに悩んでいると、ぽかぽかした春が待ち遠しい反面、「ああ、また紫外線が強い季節がやってくる・・・」と、悩みの種が増えることに。

しかし、日焼け止めクリームや化粧品では予防止まりです。既にできてしまったシミに悩んでいるのであれば、春から予防と美白の両方ができるケアを取り入れてみませんか?

 

春の紫外線はシミの元になるので予防と美白ケアの両方をしよう

春の紫外線量、強さは夏と同程度の事もあるのであなどれない

春は夏に比べて日差しが柔らかく、ジリジリする感じがないので「春の紫外線は弱い、量が少ない」と勘違いしがちです。しかし、3月から紫外線の量は急激に増えています。

 

年間の紫外線量は気象庁がデータを公開してくれているので、とても分かりやすいです(↓)

つくばの2017年の日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ

出典:気象庁

 

3月って、残暑厳しい9月と同等の紫外線なんですよ。ヒィッ。

4~5月となると、もうほぼ夏と同じくらいって感じですよね。

 

夏と同程度の紫外線を浴びていても弱く感じてしまうのは日焼けしないからだと思います。

しかし、春の紫外線は、日焼けやシミの原因になるUV-Bよりも、シミやしわなど肌老化の原因になるUV-Aの方が多い特徴があります。

シミ、しわなどの肌老化の原因の8割は紫外線ダメージと言われていますので、春に油断しているとあっという間に老けてしまうってことです・・・!

 

だから、強く感じない日差しであっても、春は要注意です!

 

シミの予防と美白ケアが両立できる方法は美白医薬品

既にシミになやんでいて、

  • これ以上シミを増やしたくない
  • 今あるシミを消したい

と思っているのであれば、美白医薬品でケアすることをおすすめします。

 

「美白医薬品」はシミに効果効能が認められているお薬なので、シミの緩和と新しくシミを作らない働きをしてくれます。

 

医薬品

 

薬というとサプリメントを飲むよりも抵抗を感じるかもしれませんが、「ホワイピュア」であれば第三類医薬品の位置づけなので「服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないレベル」です。

また、ビタミンCの含有量が多いので妊娠・授乳期や病中病後の体力低下時の栄養補給としての効果効能も持っています。

 

私もシミに悩んだ時、ホワイピュアのお世話になりました。今は予防目的で継続して飲んでいます^^飲まなかったら今もまだシミに悩まされていたと思うので、思い切って飲んで良かったです。

ホワイピュアについては下記記事で実体験口コミを書いていますので、気になった方はぜひ読んで行ってください。

ホワイピュアの口コミ・評判。体の内側から美白ケアする医薬品!