ウィンタースポーツで人気のスキー、スノボ。晴れている日や曇りの日はもちろん、吹雪いている時でも滑る!という方も多いですよね!

 

管理人はスキーの経験が多少ありますが、その時に驚いたのが紫外線の強さ!

冬だから紫外線は弱いだろうと油断してスキーやスノボに行くと、のちのち管理人の様に後悔することになりかねません。

 

スキー、スノボをする時の日焼け止めの重要さをしっかり知って、マナーを守って楽しく怪我なくウィンタースポーツを楽しんでくださいね!

 

スキー、スノボの時は日焼け止めは必須

冬でも雪の上は紫外線が強い!

冬は確かに1年のうちでは一番紫外線が弱い時期ですが、以下の理由から日焼け止め対策をしっかりすべきです。

日焼け止め対策をした方がいい理由

  1. 雪は紫外線を80%反射する
  2. A波の紫外線は冬になってもあまり量が減らない

 

まず、私たちは空から降り注ぐものだけでなく地表に反射された紫外線も浴びています。

気象庁によると、地表の紫外線の反射率は以下のようになっています。

紫外線の反射率

出典:気象庁 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-76uvindex_mini.html

 

雪の上ではとんでもない紫外線量を浴びることになることがよく分かりますね。これは、夏のビーチの倍以上の紫外線を浴びることになるとも言われています。

また、標高が高くなればなるほど紫外線が強くなるということも頭に入れておきたいですね。

 

雪山のイラスト

 

それからもう1つ、A波の紫外線は冬でも結構な量が降り注いでいるという点です。

 

紫外線は2種類あり、

  1. A波・・・しわ、たるみなど老化の原因になる
  2. B波・・・日焼けの原因になる

という風に分けられています。

 

B波は夏に量が増え、冬になると減るのですが、A波は夏に量が増えるものの冬になっても量があまり減らないのです。12月でも夏の半分程度です。

 

紫外線UV-AとUV-B

 

更に付け加えると、紫外線は太陽が出ていないような天気の時でも降り注いでいます。

晴れの時と比べて、うす曇りの場合は約80~90%、曇りの場合は約60%、雨の場合約30%です。

数値だけ見ると、天気が悪い時は晴れの時より少ないですが、紫外線が雲に反射したり、雪に反射するため、晴れている時よりも多い紫外線を浴びることになるのです。

 

肌の老化の8割は紫外線が原因と言われるほどですので、紫外線対策を怠っているとある程度の年齢になった時に同年代よりかなり老けこんでしまう事になります。

男性だと美容にそこまで気を遣わない方も多いですが、シミやしわは少ない方が清潔感も出ますし、印象もよくなるので、仕事の上でもモテの意味でも少しは気にされた方が得です。

皮膚の健康のためにもしっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう!

スキー、スノボの時におすすめの日焼け止めクリームは?

スキー、スノボのイラスト

では、スキー、スノボの時にはどんな日焼け止めクリームを使ったら良いのかというと、

  • ロングUVA(A波)対応のもの
  • 乾燥対策になるもの
  • こまめに塗り直しても肌の負担にならないもの

を選びましょう。

 

更に、

  • 同行者が日焼け止めクリームを忘れた時に貸しやすいもの
  • 子供も安心して使えるもの

だと、肌が弱い女性や子供にも貸すことができますので、尚いいですね^^

 

以上を踏まえたおすすめは、「ロベクチンプレミアムUVディフェンス」です。

ロベクチンプレミアムUVディフェンス

Point1.「SPF50+ / PA+++」を日常使いできる低刺激

パラベンフリー、無着色、無香料、石油系界面活性剤フリー、発がん性物質不使用、紫外線吸収剤不使用、オイルフリーなど。

ウォータープルーフですが、クレンジング不要で石けんで落とせます。

酷い肌トラブルに悩むガン患者の方でも使える優しさ設計で作られています。敏感肌の方でも使えますし、子供は6か月以上から使用可能です。

Point2.紫外線対策をしながら保湿ケア

天然美容保湿成分配合のため、乾燥の厳しい雪山でも保湿することができます。

独自技術によりつけた後もベタつかず、滑らかでさっぱりした使用感です。また、白浮きしにくいです。日焼け止め特有のニオイもほとんどありません。

Point3.安心と信頼の製造メーカー

アメリカの化粧品製造メーカー「HCT社」が製造しています。ランコム、Diorなど世界のトップブランドから化粧品製造を任されており、品質の高さが信頼されています。

 

50mlで約2カ月分の容量なんですが、非常に伸びが良いので、管理人は半年ほど使っていますw

老若男女問わず愛用されており、低刺激だからこそ肌質を問わず人に貸してあげることもできます。

スキー、スノボに行く時はぜひロベクチンをお供にしてはいかがでしょうか。

 

 

【スキー、スノボのあとの美白ケアに役立つ記事】