私は肌が強くありません。どちらかとえば弱い方、いわゆる敏感肌の方です。

友人の家に泊まった時に化粧品を借りたら、かゆくなって赤くなった・・・なんて経験もあり、化粧品を使う時は必ずお試しを利用しています。その他にも保湿ケアをきちんとして、お肌のバリア機能を弱めないように努力しています。

そんな私が30歳を過ぎて気になりだしたのがシミでした。色々と悩みましたが最終的にシミを薄くすることができました。

 

敏感肌がシミを消すには

シミができた時に真っ先に思い浮かぶのは美白化粧品やレーザー治療とかではないでしょうか。

 

化粧品

 

しかし美白系の化粧品はハイドロキノンなど刺激の強い成分が入っていて、お肌が強いのならまだしも敏感肌だとちょっと不安があります。それに今使っている化粧品がお肌に合っているればむやみに変えることはしたくないですよね。

レーザー治療は病院などで受けられますが、ダウンタイムがありますし、コストの面を考えても現実的ではありません。

 

であれば、体の内側からケアをすれば、化粧品を変えたり病院に行ったりすることなくシミのケアができます。

敏感肌のシミ対策は体の内側からのケアがおすすめ

体の内側からのケアといっても、食事に気をつけろとかそういうことではなく、きちんとしみ・そばかすに効果・効能が認められている美白医薬品を利用します。

私はホワイピュアを数か月服用してシミが薄くなりました。

 

敏感肌の原因には色々ありますが、栄養不足でターンオーバーが滞っているということがあります。

ホワイピュアはターンオーバーに関係する、ビタミン類が特に豊富です。特にビタミンCは1,000mgととても多いお薬です。

 

レモン

 

有名な話ですが、ビタミンは水溶性の成分なので体に貯金することができず、毎日摂らないとあっという間に不足してしまいます。

私はストレスをたくさん受けていたので日頃からビタミン不足を気にしていたこともあり、ビタミンをたくさん摂れるホワイピュアを選びました。

 

お肌の生まれ変わりには周期があるため、ある程度の時間(2~3カ月)は要しましたが、化粧品を変えることなくシミを薄くすることができました。

あた、ホワイピュアは妊娠中・授乳中にも飲めるお薬なので、健康にもいいという点で安心して飲むことができたのも大きかったです。

 

敏感肌でもシミを薄くすることを諦めなくて大丈夫です^^外側からのケアが心配なら、内側からのケアを利用しましょう♪