肝斑とは?

テレビのCMなどでもよく耳にする肝斑とは、シミの一種です。

なぜ肝斑だけ名前が付けられているのかというと、通常のシミと比べて治りにくい事と、発生原因が異なるからです。

 

肝斑は主に30代~40代にかけて左右の頬骨に沿って広がる薄いシミのことです。

肝斑ができる原因

一般的なシミは紫外線と生活習慣が主な発生原因ですが、肝斑の場合は原因がまだよく分かっていないようです。

一説では、女性ホルモンが大きく発生原因と関係しているとされており、年齢に伴う女性ホルモンの減少、妊娠やピルなどの経口避妊薬、更年期症状などに伴って発生する確率が高くなると言われています。

そのため、肝斑は妊娠中やピルを服用した時、更年期の方によく見られます。

 

顔のシミに悩む女性

 

その他、美肌のために自分でマッサージをしたり、エステなどを受けたりすることがありますよね。実はそれが肝斑を発生させる原因になっていることがあります。

肝斑の原因となるのはメラニン色素ですが、メラニン色素は紫外線を浴びるだけが発生原因ではありません。

メラニン色素は肌が刺激を受けたと感じた時に発生しますので、強い刺激がマッサージで加えられると、それが原因でシミや肝斑ができてしまう事があるのです。

 

まとめると、肝斑ができてしまう原因は以下の通りです。

  1. 女性ホルモンとの関連
  2. 肌をこするなどの刺激によりメラニン色素が発生する

 

肝斑ができてしまうと、スキンケアでの改善が難しくなります。

肝斑の治療として知られているのが、皮膚科でのレーザー治療や飲み薬や塗り薬の服用です。

肝斑は気になるけれどお医者さんでの治療ではなく、出来れば自分で何とかしたい方は、どのような選択肢があるのでしょうか。

肝斑に効果が期待できる医薬品

肝斑の対策として考えられることは、肝斑に効果が期待できる市販の医薬品を試してみることです。

 

肝斑の薬としてはトランシーノが有名です。

有効成分のトラネキサム酸が肝斑を目立たなくするように働いてくれると言われています。

 

それから、ホワイピュアも肝斑のケアに期待できる成分が含まれています。

ホワイピュア

ホワイピュアもテレビCMが放映されている医薬品ですし、さまざまな雑誌にも掲載されている医薬品ですから、名前くらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ホワイピュアにはLシステインやビタミンE、ビタミンCといった有効成分が配合されています。

このLシステインはトランシーノにも配合されている成分です。

Lシステインは美白やターンオーバーの促進に働いてくれる有効成分ですから、肝斑を目立たなくするのにも一役買ってくれるでしょう。

 

ただし、ホワイピュアの効能・効果はあくまでも「しみ・そばかす」であって、肝斑は含まれていません。

なので、「肝斑が一番気になっている」のであればきちんと効果・効能が認められているトランシーノを飲んだ方がいいです。

逆に、ホワイピュアを飲む時は「しみ・そばかすが一番気になっていて、肝斑も気になる」時であれば、ホワイピュアでしみ・そばかすを薄くしながら肝斑のケアもできるか試してみる価値はあります。

 

【関連記事】

 

参考URL:スキンケア大学 完治の難しいシミ、肝斑(かんぱん)とは http://www.skincare-univ.com/article/000155/(参照日:2017/4/25)