美白医薬品のホワイピュアにはL-システインが含まれています。

L-システインについて既にご存じの方も方もいらっしゃれば、まだよく知らないという方もいらっしゃると思います。

今日はL-システインが美白・シミに効果のあるホワイピュアでどんな働きをしているのかについて書きたいと思います。

 

ホワイピュアに含まれるL-システインは美白・シミにどんな効果がある?

システインとは何か

システインはアミノ酸の一種で、人間の体内でも合成されている成分です。
自然界にもL-システインという形で存在しているため、こちらの名称が用いられることが多いです。

 

主な働きは、

  • 体内の悪いものを体外へ排出する
  • お肌の新陳代謝のサポート
  • メラニン色素の生成を抑制する

です。

 

二日酔いの薬や美白医薬品として利用されることが多く、肝斑治療の薬などにも使われています。

L-システインが美白・シミに効果があるのはなぜか

1.メラニンの生成を抑制する

先程も書いた通り、L-システインはメラニン色素の生成を抑制します。

シミはメラニン色素がお肌に色素沈着を起こしたものなので、そもそもメラニンが作られるのを抑えられればシミの予防になります。

 

それから、システインが肝機能を改善することでメラニン色素の生成を抑えるということにも繋がります。

 

まとめるとシステインは、

  1. 肌の表面(体の外側)
  2. 体の内側

の両方からメラニンの生成を抑制してくれる成分だということです。

2.チロシンを黄色メラニンへ変化させる

メラニンの生成を抑制するだけなら、アルブチンやビタミンCなどの美白成分とさほど変わらないのですが、L-システインは黒い色素である黒色メラニンを減らすことにも役立ちます。

 

メラニンには黒色メラニンと黄色メラニンの2種類あるのですが、原料はチロシンというものです。

L-システインはチロシンを黄色メラニンへと変化させる働きをするため、相対的に黒色メラニンの数を減らすことになるのです。

 

黄色メラニンは肌色メラニンとも言われるもので、白い肌を作っているものなので多くても心配はありません。むしろ黄色メラニンが多いと綺麗なお肌というわけです。

3.お肌の新陳代謝を促す

L-システインはお肌の新陳代謝を促進してくれます。

お肌の新陳代謝が促されるということは、肌内部のメラニンがお肌のターンオーバーと共に排出されるということです。

 

まだ色素沈着していないメラニン色素(シミ予備軍)も、既に色素沈着してしまったメラニンもお肌の生まれ変わりと共に排出されるので、シミの予防や緩和に役立ってくれます。

L-システインと一緒に摂ると効果的な成分

L-システインはビタミンCと一緒に摂ると、より高い効果が期待できる成分です。

そのため多くの美白医薬品にはビタミンCも一緒に含まれています。

 

ホワイピュアは美白医薬品の中でも倍以上のビタミンCが入っており、より高い効果が期待できると言えるでしょう。

ホワイピュアの口コミ・評判が知りたい方はこちら