ハイチオールといえばエスエス製薬から出ている、シミやニキビに効く医薬品が有名ですね。

その中でも「本気のシミ対策。シミ・そばかすを治療する医薬品。」であるハイチオールCホワイティア。

ホワイピュアとどう違うのかという点について調べましたので、参考にされてください。

 

ハイチオールCホワイティアとホワイピュアの違いは?

一番考えられるのは含まれている成分の違いですが、百聞は一見にしかず。
下記の表にまとめてみました。

ハイチオールCホワイティア ホワイピュア
L-システイン 240mg 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg 1,000mg
パントテン酸カルシウム 30mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
1日の摂取量 2錠×2回 3錠×2回
定価(税抜) 4,500円(120錠) 5,800円(180錠)
初回3,880円
定期4,930円

 

こうして比較してみると、成分が違うこと以外にはビタミンCの量がホワイティアの方が倍多いことが分かります。

 

しかし錠数はホワイピュアの方が1錠多く飲むことになっており、その分値段も上がっているようです。

シミ・そばかすに効く医薬品としてはどちらがおすすめなのか

ハイチオールCホワイティアも、ホワイピュアも医薬品なので効果に関しては安心して服用できますが、両方飲む訳にはいきませんのでどちらがより良いのかという話になりますよね。

 

お店で見ただけならコストがより抑えられるハイチオールCホワイティアでいいかなと思うところだと思いますが、
上記の表でまとめたように比較してみると、倍以上違うビタミンCの量や成分の違いが気になりませんか?

というわけで、今度はそれぞれの成分の働きをまとめてみます。

ハイチオールCホワイティア ホワイピュア
L-システイン シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出
アスコルビン酸(ビタミンC) 過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善
パントテン酸カルシウム 肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポート
リボフラビン(ビタミンB2) 肌細胞の新陳代謝を正常化
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 肌の健康維持と皮膚の再生を促進
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) メラニンの沈着抑制、紫外線の防御

 

こうして見てみると、ホワイピュアの方がよりお肌に働きかけてくれることが分かりますね。

しかもホワイピュアは共通しているビタミンCの量が1,000mgと、ハイチオールCホワイティアの含まれています。

つまり、

  • メラニンの生成を抑制する
  • シミ・そばかすを改善する

力が、ホワイピュアの方があると考えられます。

現代人はビタミンが不足している

それからもう1つ。現代人はビタミンが不足しているということがあります。

 

原因としては、

  • 生活リズムがハイスピードなため、1日に必要なビタミンを食物で摂取することが難しい
  • 旬に関係なく1年中どんな野菜でも手に入るため、旬の時期でないものはビタミンが少ない

ということがあります。

 

つまり、ビタミンをしっかり摂ったつもりが実は足りていないというケースが意外に多いということです。

 

ビタミンが不足すると、

  • 疲れやすい、全身の倦怠感、動悸、息切れ

などの不快な症状を引き起こす原因になります。

特にビタミンBが不足していると、健康な肌状態を保てなくなります。

 

ホワイピュアはビタミンB、ビタミンEも含まれていますので、ビタミンが不足しやすい現代人にぴったりです。

 

もちろんご予算の問題をクリアできるならという条件つきですが、
ホワイティアの定期購入なら4,930円と、ハイチオールCホワイティアとわずか430円の差で、
シミだけでなく不足しているビタミンの摂取をし、同時に問題を解決することが可能です。

 

案外、ビタミン不足のせいでシミがなかなか消えなかったり、肌荒れしているケースも多いです。

公式サイト限定で購入できるホワイピュアは初回限定3,880円で購入することができますよ(^^)

ホワイピュア