メイクをしてもうっすらと目立ち、目元や頬、鼻の付け根の部分にできる茶色い斑点であるそばかす。何とかしたいですよね。

そばかすを目立たなくするためにも、これ以上そばかすを増やさないことが大切です。

そばかすはなぜできてしまうのでしょうか。またこれ以上増やさないようにする対策はあるのでしょうか。

 

そばかすができる原因と対策

そばかすの種類と原因

そばかすには先天的なものと、後天的なものがあります。

1.先天的なそばかすの原因

小さい頃からそばかすがあるタイプはだいたいが先天的なもので、つまりは遺伝です。両親のどちらかがそばかすが多い場合、子どもにそれが遺伝することがあります。

 

先天的なそばかすは紫外線対策をしっかりしていなかったり、洗顔の時に摩擦があると色が濃くなることもありますが、だいたいは自然と色が薄くなります。

 

学生の頃、クラスに1人か学年に何人かはそばかすに悩んでいる子がいませんでしたか?

2.後天的なそばかすの原因

後天的なそばかすは大人になってからできるそばかすのことです。

 

この大きな原因は紫外線です。

紫外線を浴びると、肌はそれを刺激として捉えて活性酸素がメラノサイトを刺激しお肌を守るためにメラニン色素を発生させます。

このメラニンが次第に肌内部に蓄積されていくと、やがてそばかすとして肌表面に出てきてしまうようになります。(シミやニキビ跡の原因にもなります)

 

お肌の断面図メラニンが排出される様子

 

 

それ以外に、日ごろの生活習慣もそばかすを作る原因となります。例えば下記の様なことです。

 

  • スキンケア時の摩擦や間違ったスキンケア
  • 喫煙、飲酒
  • ストレスが多い

 

これらの刺激は活性酸素を発生させる原因となるものです。

そばかすの対策方法

原因が分かれば対策も簡単です。

 

まず、先天的なそばかすの方は何よりも紫外線対策が第一です。

日焼け止めクリームや帽子、傘など自分がやりやすい方法で紫外線対策をして、お肌が乾燥していると感じるのであれば保湿ケアもしてあげましょう。

 

紫外線イメージの青い空

 

後天的なそばかすの場合も紫外線対策は必須です。

紫外線対策をしっかりした上で、ビタミンC誘導体など美白成分が含まれた化粧品でスキンケアをしたり、生活習慣に気を付けることがポイントです。

 

社会人だと難しいことも多いですが、煙草は吸わない、お酒は付き合い程度、睡眠をしっかりとるなどできることは多いです。

まずはあなたがやりやすいところからまず始めてみてください。もしかしたら始めは大変かもしれませんが、習慣化されてしまえば苦痛に感じなくなるものです。

 

それと、活性酸素を発生させない様にすることと同時にやって欲しいことが、お肌のターンオーバーを正常にすることです。

どういうことかというと、メラニン色素はお肌の生まれ変わりのサイクルと共に排出されているので、ターンオーバーが滞っていると一向にそばかすが薄くならないのです。

 

 

 

なので、上記で挙げたように美白化粧品でスキンケアしたり生活習慣に気を付けて生活しているのに一向にそばかすが薄くならない場合、ターンオーバーが正常に働いていない可能性があります。

 

そういう時はホワイピュアで体の内側からターンオーバーを促進してあげるといいです。

ホワイピュアの口コミ・評判。体の内側から美白ケアする医薬品!

 

ホワイピュアには活性酸素を除去してくれるビタミンCが1,000mg配合されています。それから、お肌のターンオーバーを促進してくれるL-システインが240mg。

数多くある、しみ・そばかすに効く医薬品の中でも含有量がとても多くなっています。

 

 

私自身、シミに悩んでホワイピュアを飲み始めたのですが、2カ月を過ぎてシミがだいぶ薄くなってきました。

ホワイピュアは医薬品としてそばかすにも効能・効果が認められていますので、悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

ホワイピュアの口コミ・評判。体の内側から美白ケアする医薬品!

 

【関連記事】

 

【参考URL】

スキンケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/005665/(参照日:2017/5/12)
http://www.skincare-univ.com/article/000893/(参照日:2017/5/12)