自分の子供にしみやそばかすがあると学校で冷やかされたり、いじめの対象になったりするのではないかと心配になりますよね。また子供本人が気にしてしまうこともあるでしょう。

親として子供にしてあげられることは何があるでしょうか。

 

子供にしみ・そばかすができた時にできる対策は?

子供にしみ・そばかすが出来る原因

そばかすですが、子供にできる場合遺伝の要素が強いです。ご両親のどちらかがそばかすであればほぼ間違いないでしょう。

遺伝の場合、思春期が終わる頃に薄くなって消えていくことが多いため、それまで我慢できるようであれば自然に任せておくのが一番かと思います。

ただし、そばかすができやすい体質であるということを忘れずに、これ以上そばかすを増やさない対策はしておいた方が、大人になってからもそばかすに悩まされにくくなります。

そばかすがある子供

ご両親がそばかすではない場合、原因は紫外線です。

子供が活発で外遊びが好きだったり、ウィンタースポーツをやっていたりするとしみやそばかすができてしまうのも無理はありません。

子供の時に出来るか、大人になってからできるかの違いです。

また、子供のしみも同じく紫外線が原因です。

子供にしみ・そばかすができた時の対策

1.紫外線対策

先天性(遺伝)もしくは後天性(紫外線)のそばかすの場合でもできる対策は紫外線対策です。

子供の場合新陳代謝も活発で、お肌もみずみずしいですから美白化粧品や保湿化粧品は使わなくても大丈夫です。それよりも化粧品を使うことでかえってお肌を痛めてしまう危険性の方を考えた方が良いでしょう。

しみの場合も同様です。

日焼け止めクリーム

紫外線対策は子供なら日焼け止めクリームを塗ってあげることが一番でしょう。傘やサングラスは子供には不自然ですし、遊びの妨げになります。

今は子供にも使える低刺激の日焼け止めクリームも出ていますので、そういった物を使ってあげるといいですね。

酷い肌荒れに悩むガン患者の方でも使えるお肌に優しい低刺激」のロベクチンプレミアムUVディフェンスなら石けんで落とすことができますし、6か月以上のお子さんにも使うことができます。

ロングUVAにも対応しているのでご家族で使用されるのもおすすめです。

2.紫外線対策以外にできること

ホワイピュア

それ以外にできる対策としては、しみ・そばかすへの効果効能が認められているホワイピュアを服用することです。

ホワイピュアは第三類医薬品です。薬剤師を通さずに市販で買うことができ、服用することで影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないレベルの物です。

 

また、医薬品としてきちんと認可されたものですから子供にも安心して飲ませることができます。

 

ホワイピュアの場合7歳以上の子供でしたら服用することができますので、紫外線対策以外にも対策を考えているのであればご両親の管理の元お子さんに服用させてみてはどうでしょうか。