秋のスキンケアは美白ケアに集中した方がいい理由

秋のお肌は紫外線ダメージが出やすい

紫外線イメージの青い空

夏に強い紫外線を大量に浴びた秋のお肌は、紫外線ダメージが表れやすい時期です。

 

秋のお肌の特徴

  • 肌内部にシミ予備軍(メラニン)が蓄積している
  • メラニンが徐々に肌表面に出てきてシミが増える
  • バリア機能が弱まり、乾燥しやすくターンオーバーが乱れがち

 

まず、夏にたくさん浴びた紫外線は肌内部にたくさんのシミ予備軍を作ります。シミ予備軍とはまだ肌表面にシミとなって出てきていないメラニンのことをいいます。

秋のお肌はシミ予備軍がたくさん潜んでいますので、秋になったからと紫外線対策や美白ケアを緩めると、シミ予備軍をなかったことにできず、やがてシミとなって肌表面で主張しだすようになりますので注意が必要です。

 

また、夏の紫外線は強くしかも大量なので、メラニンが過剰になりやすいです。

そうするとシミ予備軍のうちに対処しきれず、結果的に秋にシミが目立つようになった、増えたということに繋がるのです。

 

肌荒れする女性

 

それから紫外線はお肌のバリア機能を破壊します。

秋のバリア機能が弱ったお肌は水分が蒸発しやすく、ターンオーバーが乱れやすい状態です。こうなると、シミ予備軍やシミをいつまでもお肌に留め置いてしまい、冬になってもしつこいシミに悩まされる羽目になってしまいます。

 

以上3つのことは、秋はまだまだ美白のためのスキンケアを緩めるべきではないし、むしろ秋こそ美白ケアに集中した方が良いということを指していますね。

秋の美白のためのスキンケア方法

では秋の美白のためのスキンケアはどうしたらいいのかというと、夏とあまりやることは変わりません。

 

  1. 紫外線対策
  2. 保湿ケア

 

この2つが大事です。

 

まずは紫外線からお肌を守ること、これが第一ですね。

それと、お肌のバリア機能を高めてターンオーバーを正常にするために保湿ケアをしっかり行います。

 

スキンケアをする女性

 

夏はインナードライ肌になりやすい時期で保湿ケアが大事でしたが、秋は肌表面の乾燥も感じやすい時期ですね。そのため自然と保湿ケアに力が入ると思いますが、悲しいことに30歳を超えるとなかなかシミが消えにくくなるのも事実です。

そういう場合はホワイピュアを飲むことをおすすめします。

ホワイピュアはしみ・そばかすに効果効能が認められた第三類医薬品ですので、化粧品のように「効かないんじゃないか」と心配する必要がない点が最大のメリットです。

7歳から服用することができますので、お子さんのそばかすが気になる場合にもご家族で飲むことが可能です。

ホワイピュアの口コミで詳細を確認してみる