シミは年を取ってから出てくる傾向があるだけに、まだ20代なのにシミができてしまうと同年代より肌が老けているという烙印を押されたようで嫌ですよね。特に手にできたシミは顔と同じくらい目立ちますし、老人みたいで嫌なものです。

でも、20代なら30代40代に比べるとまだまだお肌の新陳代謝も活発な年代。できてしまったシミも消しやすいので、少しでも若いうちに早く対処しておきましょう!

 

20代の手のシミはまだ消しやすいのですぐ対処して消そう!

20代で手にシミができてしまう原因の大部分は紫外線

「まだ若いのにシミができるなんて、何か特別な事情があるに違いない・・・」と思ってしまうかもしれませんが、20代のシミも30代40代でできるシミとなんら変わりはありません。シミができる原因のほとんどは紫外線です。

 

紫外線イメージの青い空

 

シミができるメカニズムを簡単に説明すると、紫外線を浴びたお肌は防御反応でメラニンを作り出します。

メラニンはお肌を守る為に必要な物なのですが、過剰になるとお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)で排出しきれずにお肌にどんどん溜まっていきます。

これが肌表面に現れたものが、シミです。

 

20代でシミができるという方は、

  • 10代の頃運動部もしくは応援で外にいる機会が多かった
  • 海、山、バーベキュー、スノボなどアウトドアが好きだった

など、外で日光を浴びる機会が多かった人が多いです。

 

インドア派だったとしても、UVAという紫外線はガラスを貫通することが分かっているので、室内にいても普段日焼け止めクリームなどによる紫外線対策に無頓着だったりするとシミができてしまいます。

確実にシミを消したいなら医薬品、抵抗があれば化粧品でケア

シミを消すためには、

  • 今あるシミをこれ以上濃くしない
  • これ以上シミを作らせない

様に対策していけば、いずれ消えます。

 

女性の手の甲

 

おすすめは「ホワイピュア」という医薬品を飲むことです。

医薬品なので、シミ・そばかすに効果効能が認められているという点が大きなメリットです。今あるシミにも働きかけ、シミの予防としても使えます。

私自身手の甲のシミもホワイピュアで消すことができました。ホワイピュアの口コミはこちらで書いていますのでぜひ読んでみてください。

 

薬は抵抗があるという場合は、「ルミナピール」という手の甲のシミケア化粧品がおすすめです。

ルミナピールは化粧品なので医薬品と違ってシミへの効果を謳うことはできないのですが、

  • ターンオーバーの邪魔になる古い角質を取り除く
  • 11種類の保湿成分がしっかりケア

といったシミケアができる、珍しい手の甲のシミ向け化粧品です。

顔用の化粧品と違い、手の甲の皮膚の厚さや構造に合わせて成分が最適に働くように開発されているので、これまで顔用の美白化粧品で手の甲のシミをケアしてきたけどイマイチという方におすすめです。

▼一度公式サイトで詳細を確認してみてください▼

【ルミナピール】

 

繰り返しになりますが、20代はまだシミを消しやすい年代です。

というのも、20代はお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が30代40代に比べて活発なため。

できてしまったシミ(メラニン色素)を早くお肌の外へ追い出して、シミのない綺麗な新しい細胞に生まれ変わるのが早いということです。

この特権は若い人しか持っていませんので、20代のうちにしっかり手のシミを消すことに真剣に向き合うことをおすすめします!

 

▼この記事を読んでいる人におすすめの記事です▼